年々増加しつつある双極性障害の症状と対策を知ろう

医師

改善できます

笑顔の女性

双極性障害の厄介なところは、躁状態の気分の良い時を経験してしまっていることです。普段は元気なんだから病気ではない、というようにどうしても思えてしまうのです。まず双極性障害を改善するために必要なのは、患者自身がその病気について理解することです。この双極性障害という病気は、誰が罹ってもおかしくない病気です。また、体の自律神経とも関わりがあると言われており、単に心だけではなく、体にも関わりのある病気だとも言われています。行動の違いも、躁鬱で顕著に表れます。例えば、躁状態によく見られる行動は浪費だと言われます。自分の生活費の中で浪費した分をカバー出来ているうちは良いのですが、これが借金などを繰り返し、取り返しのつかない状態にまでなった結果、うつ状態になった時にその反動を受けることになります。自分の性格のせいだ、自分はダメな人間なのだと思う前に、自分の精神状態が自身を苦しめているようであれば、まずは専門家の受診を検討しましょう。

双極性障害は場合によってうつ病よりも症状が深刻になるものの、躁状態の時は一見元気そうに見えてしまうことや、躁状態の時に自尊心が過大になってしまうことで周囲の人が不快な思いをすることを言ってしまったりするために、理解が得られにくくなる病でもあります。家族に双極性障害で苦しむ人がいる場合は、まず家族が躁うつ状態に流されることなく、病気のせいでこのような行動を取るのだと冷静に対処することが大切なのです。また、異変に気が付いた時は患者へ慎重に専門家への受診を勧めてみましょう。また双極性障害の場合は自覚症状が無く、特に躁状態の時は体にどこも悪いところが無いように思われてしまうため、躁うつ状態の落ち着いた時に専門家への受診を促してみるのも有効な手段です。

双極性障害には様々な治療法がありますが、その中でも薬を使わない治療というものが、非常に重要な役割を占めます。まず病気が発症した時は自分の病気について知る、心理教育というものを行なうことが大切です。日記をつけたり、それも難しい場合は自分の気分だけでも記録していくことで、客観的に自分の状態を知ることが出来るようになります。これは家族も一緒に行っていくと良いでしょう。次に、認知療法というものが挙げられます。うつ状態の時には精神状態が落ち込み、何を考えても良くない方向に持って行きがちです。まず自分の考え方を良い方向へ持っていったり、今は病気のせいだからと割り切る練習をすることも、双極性障害を改善する方法です。また、対人関係を改善する、自分の生活リズムを細かく記録するといった行動も、薬を使わない精神疾患の治療法として役立っています。

双極性障害を発症したら、まず行なうべきことは、また同じように病気を繰り返さないようにすることです。それには治療を続けることが何より大切です。治療をやめてしまって、症状に苦しめられる日々が続いた時に、自分の財産や社会的な信用を失い、それが結果的に自殺行為などを引き起こす原因になりかねません。特に双極性障害はうつ病以上に自殺の危険が高い病気とされています。安易に考えず、治療を進めることが、自分の生活をより自然な心持ちで安定的に送ることに繋がります。